【コロナ禍での厄除け】初心者向け画像付き手順解説!オンライン厄除けの申し込み方法と体験記!

意識改革
広告

本厄の今年、オンライン厄除けに挑戦してみる!

本厄の人
本厄の人

厄年は自分だけじゃなく周りの人間にも災厄を振り撒くから甘く見ちゃダメだよって!言われたけどどーしたらイイのかチョットわかんないなぁ~。

前厄の人
前厄の人

厄除けってこのコロナの時代に皆どうしているのかな?

不要不急の外出に厄除け祈願が該当するのか分からないし、何か良い方法はないかなぁ~。

後厄の人
後厄の人

オンライン厄除けってのがあるらしいけど、どんな感じだろう?

誰か体験した人の話が聞きたいなぁ~。

そんなニーズに応えます!

お応えするのは今年本厄のスキマ産業(仮)!

『透明人間理論』的にも災厄を振り撒く中年になるワケにもいかないでしょうから、今回は厄年との闘い方の方法を伝授します!

先ずは自己紹介!

こんにちは。スキマ産業(仮)です。

昭和55年生まれの既婚の娘一人のサラリーマンブロガーです。

このブログで中年男性向けに人生を生きやすくするための透明人間理論というものを軸に記事を書いています。

加齢臭対策やダイエットに筋トレ。職場や家庭内の上手い立ち回り方。そして中年男性の視点で考える映画考察や読書などの教養などについてが主な内容です。

さて、まずは結論から。

悩んでも無駄!時代に合わせてオンライン厄除けをすれば万事オッケー!

その理由はこれから先のスキマ産業(仮)のオンライン厄除け体験レポートで理解していただけると思います!

オンライン厄除けで家に居ながらにしてご利益ゲット!

以前の記事でも書きましたが、スキマ産業(仮)は今年本厄の41歳(数え歳42歳)です。

そこでコロナ禍でも安心なオンライン厄除けを探してみることに。

結果としてそんなに多くのお寺や神社でサービスとして提供しているわけでは無さそうでしたが、厄除をたくさんのお寺や神社でお願いする気も無いですからね。

厄除け祈願はGoogle検索でトップに出てきた

足利厄除大師 龍泉寺

で申し込むことに。

※注意!足利厄除大師龍泉寺のオンライン厄除けは2/3までの開催だったようです。そのため現在はサービスは終了しています。

悩む前にやってみる。これが大切!

ではここからは申し込みの手順を解説していきます。

先ずは『足利厄除大師龍泉寺』でググってみましょう。

スグに公式サイトに辿り着くので、そこから『ご祈願・厄除け』を見つけてクリックします。

次に移動した先で画像をクリックして申込みサイトに移動します。

なぜか『お申込はこちら』というところをクリックしても移動しませんので注意。

基本的に申し込みは

『Match-ing!』 というところが運営している『Meets!』というサービスで申し込むようです。

ではサイトを下に移動していきます。

全体の流れが解説されています。

下にスクロールしてくると申し込む祈願の種類が表示されます。

次に進むと日時と祈願札を選択する画面に移動します。

厄除けの祈願札は3,000円、5,000円、10,000円の三種類。

ここで自分の予定に合った内容を選んだら『次へ』をクリック!

スキマ産業(仮)は迷わずに最上級クラスの祈願札(大)を選択します。

メールアドレスを入力するページに移動しますので自分の使っているアドレスを入力します。

入力できたら『次へ』をクリック。

そして次に出てきたページでも必要事項を入力していきます。

ここでは『呼ばれたいお名前』という項目もあります。

ここに入力した名前で儀式の最中呼ばれますので芸名やペンネームがある人はここも忘れずに入力しましょう。

入力が出来たら『御祈願の種類』を選びます。ここは当然『厄除け祈願』を選択。

次に支払いの項目です。

残念ながらカードだけの支払いなので他の電子決済は使えません。

大人しくカード情報を入力して『¥10,500を支払う』をクリックします。

入力項目に問題が無ければ次のページに移動します。

これで一通りの申し込み作業は終了です。

念のため送られてきたメールは確認しておきましょう。

無事にメールも届いているようですね。

あとはオンライン厄除け当日を待つだけです。

いよいよオンライン厄除け当日。どんなことが起こるかな!?

時は流れてオンライン厄除けの当日がやってきました。

申し込んだ時間に合わせてメールに貼られているリンクをクリックして待機画面で待ちましょう。

入場は15分前から可能なので入ってから画面の前でテキトーに過ごしていれば良いって感じです。

そして待つこと数分・・・。

ついにオンライン厄除けがスタートしました!

和尚さんを斜め上から捉えた状態で進行していくようです。

たまに自分の名前が念仏の間に呼ばれたりします。

そして遂に火がつきだしました!

一気にテンションが上がります。

そしてその火にオンライン厄除けを申し込んだ人たちの祈願札が順番に晒されていくようです。

これで祓うって感じなんですね。

それなりの人数(5~6人?)が申し込んでいたようです。

ここは自分の順番が来るのをじっくりと待ちたいと思います。

あれ?なんだか異様に大きな祈願札がありますが・・・まさか・・・。

そして和尚さんがデッカいイチモツをその手に持った時に呼ばれた名前!

それこそまさにスキマ産業(仮)!

やっぱりスキマ産業(仮)の祈願札なのでした!

最上級クラスの10,000円を申し込んだらこんなに大きな祈願札!

これはご利益がありそうですよ~!!

怒涛の十数分!そしてオンライン厄除けは終了して・・・

そんなワケで見事にオチのようにデッカい祈願札を最後に清めていただけて大変満足のできたオンライン厄除けでした。

厄除け自体はこの後に一般の来場された方たちのターンになったので終了しました。

あとは余韻を感じながら家で放心するだけ。

素敵な時間を過ごしてやり切った感じでイッパイです。

そして送られてきた祈願札がコチラ。

やっぱり迫力がありますね。

その他に同封されて送られてきたのがコチラ

玄関などに貼るお札と、その説明などですね。

さっそく玄関に貼ろうと思います。

御供物と書いてある包みは落雁でした。

美味しくいただきました。

これで無敵モードですね。

そして玄関に貼った元三大師御影(角大師)はこんな感じ。

娘は「ちょっと怖い・・・」と言っていましたが、逆に悪いモンが家に入れないんやと言うと納得した様子でした。

最後に

いかがだったでしょうか?

今年本厄という事でいろいろ考えた挙句に選んだオンライン厄除けでしたが、個人的には大変満足のいく内容だったと言えます。

目に見えないものと闘っている今の人類の状況にどこか似ている厄年との闘いですが、スキマ産業(仮)は見事に勝利を収めたと言っても過言ではないでしょう。

来年は後厄という事で、すでに心の内は決まったようなものです。

皆さんも厄年でクヨクヨ悩むくらいなら、オンラインで時代にマッチした厄除をしてみてはいかがでしょうか?

スキマ産業(仮)では『中年の危機』と闘う中年男性を応援しています。

『透明人間理論』はそんな闘う中年男性の為の道標となる理論です。

「妻に薄毛が目立つと言われた」

「娘に臭いと言われた」

「職場で部下が話を聞いていない」

「笑いがとれない」

などの中年男性が直面する様々な問題への解決のヒントを提供していきます。

変化を望むなら努力を惜しんではいけない。

だけどどう努力したら良いのか分からない

そんな人の助けになれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました