【中年視点で観る映画】何か(2018)

意識改革
広告

とことんまでダメな夫が観られるイライラ度MAXの小品!自戒を込めて観賞しよう!

中年太郎
中年太郎

教訓、教訓!なにか教訓の得られる映画ってないかな?

中年男性として立派に生きていきたいから学びが大切なんだ!

スキマの声
スキマの声

え?

急にどうしたの?

そういった映画はいくらでもあるけど君にしては珍しいコトを言いだしたものだね。

中年太郎
中年太郎

いやぁ~それがさ、妻に「夫としても父親としても自覚がたりない!」って怒られてさ~。

なにが悪いのかは分かんないんだけど、とにかくこのままではいけないなぁ~って思ってね。

スキマの声
スキマの声

じゃあ今回紹介する映画で夫のウンザリする言動がどんな感じなのか分かったらチョットは進歩だと思うよ。

子供が産まれたばかりの夫婦の話だけど、かなり『夫あるある』があって学ぶことの多い作品だよ。

地味だけどね。

中年太郎
中年太郎

そりゃイイや!さっそく観てみることとしよう!

Amazonプライムで観られます

スキマの声
スキマの声

ちなみに観られるのはAmazonプライムだよ。

他の配信サービスだとちょっと見られない感じだね…。

中年太郎
中年太郎

(でも広告は貼るんだ…)

U-NEXTで暇な時間をエキサイティングな時間に変えよう!

今回紹介する『何か』はラインナップにないU-NEXTは200,000本以上の動画と80誌以上の雑誌が楽しめます!

簡単3ステップでスグに31日間無料トライアルを始められるから悩む前にさっそく登録がおすすめ!

U-NEXTをチェックしてみるなら下のバナーをクリック!

何かとは

何かとは

2018年制作のホラー映画(たぶん)。

すべてが家の中で進んでいくワンシチュエーションものです。

子供が産まれた若い夫婦が家の中で起きる数々の奇妙な出来事に翻弄されていく様を描いた低予算映画でIMDbでも評価は★4.2と低めです。

情報の多い作品ではなくスターも出てきませんが、なぜかエリック・ロバーツが最後に出てきます。

スキマ産業(仮)調べ
たぶん一番ギャラが高い爺さん

あらすじ

子供が産まれたばかりの夫婦は寝つきの悪い赤ちゃん相手に限界手前のグロッキー状態。

寝不足と子育てのプレッシャーで圧し潰されそうな精神状態の妻は鈍い夫の育休(?)での在宅に余計にストレスが溜まっていきます。

そのうえ家の機能もポンコツで風呂に入れないなどイライラ度は常に高く、心穏やかでない24時間を経験中です。

そんな時誰かの視線や家の中で起きる奇妙な出来事に気付いた妻は夫に相談しますが…。

なんで疲れてるのに夫の世話までせんといかんのじゃ!

子供が産まれるってこんな感じ

育児ストレス夫婦の子育てをする上での考え方の違いなどがテーマである今作。

経験のない人には「???」ってセリフや心理描写がたくさん劇中に出てきますが、これらは典型的な「子供が産まれた直後あるある」です。

特に妻の夫の行動へのウンザリした表情は「なにがイケなかったの!?」と思ってしまう男性諸君もいることでしょう。

しかし、これは本当に良くある男の共感性の無さが如実に表面化した典型例ばかりなのです。

妻が絶望した目をしているシーンで夫は何を言って何をしていたのか?

そこを注意深く観察することでアナタの夫としてのレベルが上がることでしょう。

とにかくこの映画では夫婦はどんな部分ですれ違うのか?

異性と一緒に暮らすという事はどういう事なのか?

それらを考えるにはとても良い教材と言えます。

もしアナタが今よりもずっと良い夫になりたいと考えているんならば、この映画に出てくるすべての場面での妻の気持ちの浮き沈みを感じ取りましょう。

共感性が全てです!

「あ!これはイカン!」

「これは腹が立つだろうな」

そんなふうに感じられ出したら前進です。

映画自体は「誰かこの家にいるんじゃない?」って感じで進んでいきますのでホラーの類ではあるんですが、実体験のある人には夫婦の間に流れるピリピリした空気の方が遥かに恐ろしいものに感じるかもしれませんね。

やるやる言うて、全然せんじゃないの!

結局ちゃんとした男だったら起きなかった悲劇

昔どこかで観たB級映画のシーンにこんな会話がありました。

「夫婦円満の秘訣は?」

「網戸を貼りかえると言ったら、ちゃんと貼りかえることだ」

この会話はとても含蓄のあるものだと感じて今でも印象に残っているシーンです。

映画のタイトルは忘れたけど…。

やはり夫婦間でも当然信頼関係は重要ですが、それは日々の行動の積み重ねで作り上げていくものです。

『何か』ではこの大切な部分を欠いた夫に妻が絶望を感じるシーンが多く登場します。

言った事を忘れてやらない

相手のミスを執拗に責める

上から目線でものを言う

子育てに対して『手伝う』という感覚

別に大した活躍をして欲しいとは世の中の女性たちは男性に対して思ってはいませんが、せめて足を引っ張ることや伴侶に対する言葉使いには気を付けて欲しいと考えています。

それが分かるか分からないか。

これは夫婦関係にはとても大きな要素です。

疲れた妻に「今日の晩ゴハンはなに?」って聞いているようではハッキリ言って家には居て欲しくない人です。

『何か』では夫婦が悲劇的な最期を迎えるのですが、それも全て夫が最初に家の中で起きた「ある出来事」に対してちゃんと行動していれば起きなかった事態です。

無能な夫が招く悲劇。

この作品を通して夫としてやるべきこと、やってはいけない事を学ぶと今後の夫婦生活を良いものに出来るかもしれませんね。

こっち見んな!と言いたくなりますね

まとめ

スキマの声
スキマの声

さて、今回は夫婦イライラ映画である『何か』をご紹介しました。

いかがだったでしょうか?

中年太郎
中年太郎

う~ん。

子供が産まれた時ってこんなに大変だったかな?って印象だったね。

誰得かちょっと分からない作品ではあったけど、とりあえず参考にはなったよ。

スキマの声
スキマの声

この映画で出てくる夫婦のやり取りの多くは典型的な夫婦イライラ発生ポイントだからね。

スキマ産業(仮)としては不可解な出来事を全て妻の不注意だと決めつける夫のサイコな言動がキツかったね。

(こいつそんなに子育てに参加していなかったんだろう)

中年太郎
中年太郎

そ、そうかな?

僕はもっと奥さんがしっかりしてくれないと頼りにならないなぁって思っちゃったよ…。

スキマの声
スキマの声

それは君が奥さんに愛想を尽かされるようなクズだからだよ。

この映画のイライラポイントが分かったら奥さんの君への印象も今とは全然ちがうものになっているハズだよ!

中年太郎
中年太郎

そ、そんなこと言うなよ~!

夫婦は助け合いが必要なんだぞ~!

スキマの声
スキマの声

君は助けてもらってばっかりなんだろ!

ちょっとは成長しないと熟年離婚だぞ」!

中年太郎
中年太郎

ま、マジで言ってるの…?

スキマの声
スキマの声

将来三行半を突きつけられないように、今からしっかりと良き夫になる為の努力を重ねていこう!

さて、皆さんは『何か』についてどんな印象をもたれたでしょうか?

スキマ産業(仮)としては今回のような夫婦イライラ映画としてはとても学びの多い作品だなと考えています。

しかし低予算で演出も特に冴えているワケでもなく世にも奇妙な物語の1話って感じの内容でもあるのでそんなに大推薦ってわけではありません。

あくまで「妻が夫にイラつくポイントを学びたい」という人向け。

透明人間理論的ではありますが小品です。

興味が湧いたら暇な時に観てください。

ダメそうな夫に対して警察官も不信感しかない

U-NEXTには今回紹介した『何か』はラインナップに無いですよ!

それでも暇な人は31日間無料トライアルで見放題作品を楽しむのも良し、ポイントで話題作を速攻観賞するのも良し!

登録は簡単!さっそくU-NEXTを初めてたくさんのコンテンツを楽しんじゃおう!

U-NEXTをチェックしてみるなら下のバナーをクリック!

スキマ産業(仮)では『中年の危機』と闘う中年男性を応援しています。

『透明人間理論』はそんな闘う中年男性の為の道標となる理論です。

「妻に薄毛が目立つと言われた」

「娘に臭いと言われた」

「職場で部下が話を聞いていない」

「笑いがとれない」

などの中年男性が直面する様々な問題への解決のヒントを提供していきます。

変化を望むなら努力を惜しんではいけない。

だけどどう努力したら良いのか分からない

そんな人の助けになれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました