【中年男性と脱毛】脱毛初心者の無料カウンセリング体験記

オジサン学
広告

無料とは言うけれど…そんな気持ちの中年男性の代わりにスキマ産業(仮)が脱毛サロンのカウンセリングに行ってきた話

スキマの声
スキマの声

今回はスキマ産業(仮)がRINX(リンクス)の無料カウンセリングに行ってきたので、その事についてレポートするよ。

中年の脱毛について今まで取り上げてきただけにやっぱり実際の現場に行かないワケにはいかん!

そんなこんなで偵察に向かったのは美容脱毛サロンのRINX(リンクス)です!

いろいろ調べていたら会社の近所にあってラッキーだと思いさっそく行ってみたのでした。

中年男性の中では脱毛について気になっている人が意外と多いと思います。

しかし、いざ勇気を出して無料カウンセリングに行くってとこまで行動する人は少ないでしょう。

イメージ、年齢、金銭面などでグルグル考えて結局動けない事が多い中年男性の脱毛。

今回はそんな今一歩踏み出せない中年男性の為の現場レポートとなっています!

RINXとは

RINX(リンクス)はメンズ専門の美容脱毛サロンの全国チェーンです。

店舗数は今や69店舗にもなっています!

それだけに意外と通いやすい場所にあったりするので便利です。

またメンズ専門というだけあってスタッフもお客さんも男性だけ。

異性の視線が気になるって人も気兼ねなく通えるのが最大の魅力ではないでしょうか。

痛みの少ない美容脱毛で男性専門サロンということで脱毛初心者でも通いやすいですね。

ここでなら中年男性でも脱毛への一歩を踏み出せそうですね。

中年太郎
中年太郎

たしかに最初の一歩がなかなか踏み出せないんだよなぁ~。

無料カウンセリングの全体的な流れ

それではさっそく無料カウンセリングの一連の流れを見ていきましょう。

全体の流れ

  1. 予約
  2. 入店
  3. カウンセリング
  4. パッチテスト
  5. 具体的なプランの選定
  6. 契約

予約

まずは予約しない事には始まりません。

殆どの脱毛サロンの無料カウンセリングは完全予約制なのでいきなり店舗に行かないようにしましょう。

予約は基本的に電話かWEBで行います。

店舗によってはスタッフの人数が限られていて手一杯という事も。

それだけに電話は何度もかけたりする場合があるので手間だったりします。

より手堅いのはやはりWEB予約でしょう。

そして、この時に店舗のキャンペーンホットペッパービューティーなどのクーポンをしっかり調べて最大割引を得られるような準備をしておくとなお良いでしょう。

当日にさっそく契約もしちゃおうかなと考えている人はここは押さえておきたいポイントです。

たとえば上の画像は今月(2021年7月)のキャンペーンの一つです。

意外にその気が無かったとしても、無料カウンセリングに行くとその場で契約ってパターンも多いと言います(そもそも潜在的なニーズはあるので)。

どこまでお得に契約が出来るかがカギなので割引情報はリサーチしておきましょう!

入店

さて、予約が無事に済んだら当日に行くばかりです。

虎穴に入らざれば虎子を得ずってほど気合はいりませんのでご安心を。

脱毛サロン自体は至って普通のテナントビルの中にあったりします。

今回スキマ産業(仮)が伺った先も駅近くのビルの9階。

脱毛サロンはけっこうテナントビルに入っていることが多いようです。

馴染みのない人にはテナントビルの独特な雰囲気にチョット緊張するかも知れませんが、一度店舗に足を踏み入れればそこはしっかりとした清潔感のある空間になっています。

さっそくスタッフの気持ち良い挨拶があったのでスキマ産業(仮)の心も落ち着きます。

RINX(リンクス)は清潔感や接客サービスの質にこだわっているようなので入店時のスタッフと店舗の明るさはとても良い印象でした。

カウンセリング

さて入店してまずやる事はタブレット端末での個人情報の入力です。

簡単な内容なので身構えなくて大丈夫。脱毛したい部位のことや受けたい説明などについてここでヒアリングしてもらえます。

せっかく勇気を出して来たのですから漏れが無いように知りたいことは全部聞くつもりで解答してみましょう。

そしてタブレット端末への入力が済んだら次はスタッフとの対面でのカウンセリングです。

入力した内容に沿ってアレコレ要望を聞き出してくれます。

分かりにくいプランや期間のこと。そして受けられる割引キャンペーンについても親切に答えてもらえます。

RINX(リンクス)では押しの強い営業をしない方針としていますのでリラックスしてカウンセリングに挑めます。

繊細な話題を扱う業界でもありますから接客はとても丁寧でした。

これがSNS時代に合ったサービス提供というわけですね。

パッチテスト

パッチテストとは脱毛での施術でカラダに悪い反応が出ないか確認する作業です。

一度脱毛予定部位に光を照射してその後の反応をみます。

カウンセリング後に実際の施術室に移って照射を受けるのですがヒゲや脚などは問題無いですが、VIO脱毛を考えている人は下半身は着衣を脱がなければいけません。

ここで「えっ!脱ぐの!?」とならないように心の準備をしておきましょう。

パッチテストは一度の照射だけなので時間はかかりません。

RINX(リンクス)では照射前にアイスパック(保冷剤みたいなもの)で部位を冷やしてから照射します。

この時に一番肌が薄い部分を選んで照射するのでVIO脱毛を予定している人はIラインでパッチテストすることになります。

アイスパックがけっこうヒヤっとして違和感ですがそんなもんでしょう。

このパッチテストではサロンのスタッフが対象になる部位は毛を剃ってくれます。

具体的なプランの選定

さて、パッチテストが終われば具体的なイメージなどをサロンスタッフに伝えて最適なプランを選んでいきます。

例えばヒゲ脱毛ならデザイン髭は出来るように部分的に脱毛処理するのか、または全ての髭を対象として施術するのかで料金なども少し変わったりします。

VIO脱毛もセットプラン以外にIOだけの施術なども選べます。

脚であっても毛の濃さで施術回数は変わってくるでしょうからプランをどうするのかは重要なポイントです。

出来るだけ明確に自分の希望を伝えて理想とする状態にするためのスケジュールを組んでいきましょう。

スキマ産業(仮)の場合はVIO脱毛でもVの部分は薄く範囲を狭めるくらいの処理がしたかったのでそう伝えました。

結果として初期段階ではVIO脱毛のツルツルを目指す方法と初回3回ほどは同じ段取りでやっていくことがベストだということに。

VIO部位は毛自体が太く強い部位なので回数は8回が無難(プラン終了後は80%オフで施術可能!)だろうという事ですね。

この段階でかなりしっかりと打ち合わせ出来るので不安な要素は無くなります。

また無料カウンセリング当日でもその気があれば当然そのまま契約することが可能です。

契約

そんなわけで、スキマ産業(仮)はさっそくVIO脱毛での全8回のプランを申し込みました。

脱毛はそれなりの期間がかかることなので早ければ早いほど良いだろうという判断です。

本契約となると一通りの書類や説明は必要になるのでちょっとここからは時間が掛かったりします。

書類の記入、契約内容の確認、クーリングオフ途中解約の説明など、必要な項目も多いのでここは大人しく受け入れましょう。

今回の訪問では、入店から契約手続き完了までトータルで2時間といったところでしょうか。

スキマ産業(仮)は時間を無駄にしたくないのでサクッと契約を済ませてしまったわけです。

時間をかけて考えても、結局はやるかやらないかのどちらかですからね。

画像の料金一覧では8回保証パスはVIOそれぞれ92,000円になっています。

このままでは 92,000円×3=276,000円 ですのでかなりの高額です。

しかし、スキマ産業(仮)は『陰部3か所セット:8回保証』という内容で限定割引もしてもらって168,000円(税込)で契約できました。

いろいろな割引サービスセット価格があるので混乱はしやすいですが、結局店舗のスタッフも一番お得なプランを一緒になって考えてくれるので安心です。

行ってみた感想

脱毛サロンのRINX(リンクス)に無料カウンセリングに行ってみた感想はひとことで言えば

大満足

という感じです。

当日に契約したんだから当然ですね。

スキマ産業(仮)的に説明が丁寧で何を訊いても答えてくれて、そこにウソが無い感じが好印象でした。

それにスタッフは脱毛経験者(研修でお互いを施術するんだとか)なので実際の効果を見せてもらうことや、そのスタッフの個人的な感想も聞けます。

そんな感じでスキマ産業(仮)としては理解出来ていなかった事がチャンとわかって合点がいきましたし、ここでなら脱毛をお願いしてもイイかなって気になったのでした。

他にも脱毛サロンはとても多く存在しますが、今回訪問したRINX(リンクス)のようにきっとどこも接客などのサービスは気を使っている事だろうと思います。

SNS時代に評判は一気に知れ渡ります。

生き残るためにはやはり誠実な事業運営が一番ということでしょう。

今回の無料カウンセリングを経験してスキマ産業(仮)は、

「昔の押し売りイメージは全く無い、健全な業界になったのだなぁ」と感じた次第でした。

まとめ

さて今回はスキマ産業(仮)が実際に脱毛サロンの無料カウンセリングを受けた時の事をレポートしてみました。

いかがだったでしょうか?

スキマ産業(仮)的には無料カウンセリングから一気に契約まで済ませてしまったわけですが、今になって考えてもそれが一番最良だったと思っています。

無知なままでは脱毛には挑めませんが、逆にドコまでも情報だけを追いかけていては実際の事はわかりません。

それならばと清水の舞台から飛び降りる気持ちでVIO脱毛をスタートさせたわけです。

脱毛博士になっても体毛がそのままでは意味がない。

今この記事を読んでいるアナタが脱毛のやるやらないで悩んでいるなら、まずは無料カウンセリングに行ってみる事をお薦めします。

スキマ産業(仮)は契約しちゃったのですが、どこのサロンやクリニックでも無理な勧誘はしないでしょう。

気軽に行って実際の施術や段取りを知っておく。

これは一人であーだこーだと悩んでいるよりも圧倒的にインパクトが大きい。

実際の現場にきっとアナタの背中を押してくれるキッカケがあるでしょう。

百聞は一見に如かずです。

まずは脱毛の扉を叩き、一歩を踏み出していきましょう!

スキマ産業(仮)では
『中年の危機』
と闘う中年男性を応援しています。

『透明人間理論』はそんな闘う中年男性の為の道標となる理論です。

「妻に薄毛が目立つと言われた」

「娘に臭いと言われた」

「職場で部下が話を聞いていない」

「笑いがとれない」

などの中年男性が直面する様々な問題への解決のヒントを提供していきます。

変化を望むなら努力を惜しんではいけない。

だけどどう努力したら良いのか分からない

そんな人の助けになれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました